XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

CI Mid(シーアイミッド)

 

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ


 

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

 

 

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

サーフボード詳細ページ

 


【CIがこの世に送り出すミッドレングスモダンボード

 

世界トップのCIサーフボードが本気になってデザインしたモダンクラッシックデザインです。カリフォルニアではミッドレングスの神ともいえる南カリフォルニア出身のDevon Hawardと、CIサーフボードのシェイパーがデザインをリファインしたモデルで、クラッシックなエッグアウトライン+シングルフィンを、よりモダンに、より快適に、より速く、より優しく乗れるように調整しました。

 

Almerrickが掲げる、ターンのしやすさと意のままに動かせる機動性は彼がサーフボードデザインに必ず入れる要素ですが、このCI MIDにも同じ要素が入っています。

 

モダンなアウトラインテンプレートに、テイクオフとパドル・乗ってからのスピードを最大化するデザインを入れています。そのために、弱めのエントリーロッカーを持ち、前側にボリュームを出しています。ボトムはモダンなダブルコンケーブ+テールエンドに向けてやや強めにするロッカー、そしてキレ味あるレールToレールを引き出すレールデザインを持ちます。

 

小さな・パワーの無い波で活躍するのはどのミッドレングスでも同じですが(長さと浮力がある)、このCI MIDは波がそこそこ整っても使えるところが他の多くのクラシカルなミッドレングスとの違いです。カリフォルニアのRinconの肩〜ダブルのサイズでも使えることを証明しています。そんな波であっても、ボードが安定して、テールもホールドして安心してサーフィンが出来るのです。

 

ロゴはChannel Islandsの1970年台に、シェイパー&創業者のAl Merrickが自分のボードにつけていたものをそのままモチーフしました。

 

CI Surfboardsはフィンにもこだわりました。サーフボードのフィンはとても重要で、フィンによってボードが良くなったり悪くなったりします。フィンはカリフォルニアのゴリーターにあるTrue Amesフィンで作成しています。このTAフィンを使った2+1フィンセットアップが、様々な波のコンデションに対応できるのです。これがMid Lengthボードの新しい境地を切り開きました。このフィンプロジェクトには、ライダーのDevonとTAフィンの創業者のChuck Amesが研究&テストを経て生み出したもので、大き目のベースにバランスの取れたレイク角度、そして適切なフレックスを持つフィンです。このフィンにより、ボードの反応が良く、ボードの安定感を増しながらも、ターンごとにスピードが上がるような間隔を与えてくれます。

 

サイドフィンのサイズは乗り手の体重によって変化して

 

160LB以下のサーファーにはサイドのFCSフィンは3.6”のサイズ

160LB以上のサーファーにはサイドのFCSフィンは4.0”のサイズ

 

を推奨します。

 

またCI MIDのツインフィンバージョンも完成しました。元々、2+1 としてデザインされた CI MIDでしたが、多くのユーザーさんのリクエストに応じて、デヴォンはツインフィンのセッティングを追求しました。

 

ツインでの完璧なアングル、ポジション、フィンテンプレートを幾度もトライアルした結果、CI MID のツインオプションが誕生しました。デヴォンは、ポイントやダウンイスザラインのコンディションでは アル・メリック・キールフィンをチョイスし、ビーチブレイクでは ブリット・ メリック・ツインフィン を好んで使用しています。

 

結果的には、オープンフェイスでのターンのためには 2+1 を好み、よりスピード性とドライブ性を望む場合はツインフィンを好むと、デヴォンは述べています。

 

弊社は日本のXTR素材の総代理店であり専門店であるので、CIサーフボードはすべて弊社が管理する優れたXTR素材にてご提供いたします。USにあるラック品ボードより品質とシェイプのクオリティーを上げ、日本のお客様に安心して世界トップブランドのXTRサーフボードをお乗りいただけるようしています。

 

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングのCI本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

【ボード解説&Devon Howardさんによるライド】

【CI MID TWINバージョンのライド】

 

 

【Baliでのライダーのライド】

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

 

CL値を参考にした設定体重に合わせたサイズ。XTR素材へのお勧め詳細は、弊社の是非ボードプロアドバイザーへお問い合わせください。

 

■標準サイズのスペック■

*弊社の日本向けXTR素材は、すべてメーカーサイドに日本用として素材のランクアップやシェイプの正確さをしていしてのカスタムオーダーです。高い品質とシェイプを要求される日本の皆様によりお楽しみいただけるようにしています。そのために以下のStandard DimはUSのストックボード用チャートのCL値と微妙に異なることがございます。

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

ボード素材

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

テールチョイス

ラウンドピン、スワロー

 

■価格■

*それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*XTR素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

 

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト