XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

Plasmic(プラスミック)

 

 

 

Album(アルバム)サーフボード詳細解説

 

 

Album(アルバム)サーフボード詳細解説

 

Album(アルバム)サーフボード詳細解説

 

Album(アルバム)サーフボード詳細解説

 

Album(アルバム)サーフボード詳細解説

 

Album(アルバム)サーフボード詳細解説

 


【エレクトリックな乗り味を出すボリュームのあるボンザーチャンネル×ツインフィン】

 

このPlasmicモデルはJosh KerrとAsher PaceyとのR&Dで開発されたKerrsher Prototypeが原型のサーフボードです。コンテストではなく、サーフィンの本当の楽しさを引き出すすべての要素をこのボードにちりばめています。

 

フィッシュボードタイプのローロッカー&アウトラインで速くてそして扱いやすく、ボンザー系のバレルコンケーブチャンエルが、ターンの際の確実なるホールドとドライブ感を引き出します。

 

と絶賛しています。実際彼のクリップを見てもらえればこのボードのポテンシャルがどれだけ高いかもわかることでしょう。

 

【モデルデザイン完成までのストーリー】

 

2019年の最初にシェイパーのMattがソフトTOPプログラムい使うデザインを考えていました。最初はSubモデルの5’0”くらいで浮力たっぷりにして、それでいて動きも出せるようなモデルを考えていました。

 

最初はシェイプボードでのプロトタイプを作成始めたのですが、Subをそのまま使うボードよりも、更にエレクトリックなサーフボードということで、短くて、浮力が多くて、ツインフィンセットアップで、ダブルコンケーブを強調したボンザーチャンネルのボードを作り上げたのです。それを、Josh KerrとAsher Paceyにテストしてもらったのです。

 

このボードは、AlbumのライダーになったAsherが初めて私のシェイプを試したモデルでした。このボードは優れていて、JoshもAsherもすぐに虜になり、その魅力にはまってしまったのです。

 

ボードはもしもSunstoneを持っているならば少しだけ短く、そして少し厚みを増してサイジングしてください。そしてボリュームは通常のパフォーマンスボードより3〜5L上げてくださいね。まったくその数値を上げても恐れることありません。むしろスピード感&フロー感が高まり究極の楽しさを味わえるはずです。

 

このボードの優れたところは6’2”から7’6”くらいまでのミッドレングスボードとしてもシェイプデザインができるところです。あなたのお好みの長さと概算CL値をお知らせください。シェイパーのMattに弊社が連絡を取り、そしてあなたに最適なサイズをお出しします。

 

【Mid LengthのPlasmicも評判ばっちりです】

 

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

【Asher Pacey with Plasmic】

 

【Matt Parker with Plasmic】

 

【Trestlesでのライド】

View this post on Instagram

@kookapinto on a 5’2 #albumplasmic.

A post shared by Album Surf (@albumsurf) on

 

【Mid LengthのPlasmicも評判ばっちりです】

 

XTRサーフボードの利点

このサーフボードはカスタムオーダー対応です。

 

サーフボードカスタムオーダーフォームRoberts

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング


■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:ミディアム
ノーズシェイプ:ハイブリットノーズ
テール幅:標準〜やや広い
エントリーノーズロッカー:標準
テールロッカー:標準

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング
フッターの適正:フロント〜ナチュラル〜バックフット
適正サーファー:初中級〜上級者まで


■適正の波■
対応のサイズ:膝〜頭半
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:通常くらいのパワー/結構掘れている波まで

 

■適正サイズ■

CL値参照。CL値が欲しいけど短めにキープしたいという場合は、長さを短くして、幅と厚みにてCL値アップせ調整をお勧めします。

 

■標準サイズのスペック■

Album(アルバム)サーフボード詳細解説

*その他プロの弊社スタッフ&シェイパーにお聞きください。

*丸ノーズバージョンも可能です。オーダーの際にコンサルください。

 

ボード素材

Pyzel(パイゼル)サーフボード解説ページ

 

テールチョイス

ノーウイング+ダイヤモンド、標準バンプウイング+ダイヤモンド、ウイング+ダイヤモンド

 

    @ノーウイング           Aバンプウイング            Bウイング

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*XTR素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト