XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

TomoサーフボードシェイパーのDaniel Thomsonについて

・Tomoサーフボードの各モデルについて詳しく見るにはこちらをクリック

・DainelシェイプのHydrodynamicaサーフボードの各モデルについて詳しく見るにはこちらをクリック

 

Daniel Thomson(ダニエルトムソン)サーフボードシェイパー

 

Daniel Thomson(ダニエル・トムソン)は、AUSのLennox Head出身のプロサーファー&プロシェイパーです。

 

現在はSimmonsの理論を学びに、Californiaへ移住。波にパワーがあるAUSよりも、波が弱めであるCaliforniaに移住してから、より弱い波に対応するデザインや、水流を効率的に流すシェイプデザイン理論をマスターしました。彼は、Californiaに来てからハイテクXTR素材と最新のPlaining Hullsデザインを組み合わせたボードを開発し、ボードの人気も飛躍的にアップ。現在は世界的に有名なシェイパーとなります。

 

California, Encinitas在住。USオープンで、彼のModern Plaining Hullsデザインを使ったボードで、Stu Kennedyが16位になったことは記憶に新しいです。

 

2004年から始まった彼のボードデザインの"モダン・プレイニングホールズ”は、AUSからCAへ移住した彼が考案したものです。カリフォルニアでの彼のシェイプ理論の洗練は、目を見張るものがありまっす。彼にとっての最初のセンセーションは、2004年に初めてSan Deigoで乗った、Mini Simonsボードでした。

 

"50年も前に考え出されたデザインなのに、スピード・フローがある。しかも、リップアクションも出来るというのは驚きだ。現代サーフボードの動きに通じるものが、50年前も昔にあったとは!”

 

と感激したと言います。

 

彼の理論は、サーフボードで不必要な部位はすべて無くすこととなります。フィッシュのデザインとモダンサーフボードのベストな部位を組み合わせて、超現代的なサーフボードを生み出すことに成功したシェイパーです。彼のシグネチャーボードの”Vanguard"、”Vader”、"Death Star”は世界的にも有名なモデルとなります。

Tomo自身はプロサーファーとして高い能力を持ち、自らすべてのボードのテストも行います。優れたシェイプ技術・アイデア・自分のサーフスキルのコラボにより他ではなしえないデザインを次々に可能とするのです。

 

 

【何故弊社がXTR素材のDaniel Thomsonシェイプボードにこだわるか】

Daniel Thomsonは、世界チャンプから地元のローカルリッパー、そしてサーフィンを愛する週末サーファーまで多くのシェイプをこなしています。彼はシェイプボードで無いラインもプロデゥースしていますが、弊社では彼のハンド仕上げのXTR素材にこだわります。

 

素材のフレックスや、サイズ、そしてそれぞれの波に合わせた微調整の効くものシェイプボードの良いところです。アジア諸国で作る大量生産品では無く、100%カリフォルニア&ハンドメイドのXTR素材品のために高級感とそのボードが放つオーラがあり、その性能はトッププロもうならせるものです。

 

Daniel Thomson(ダニエルトムソン)サーフボードシェイパー

 

弊社は日本でも数少ない(正規代理店は日本で2社のみ)Daniel Thomsonに正式に認められた正規販売店となります。そして、XTR素材を専門に扱うXTR Japanとして、彼のシェイプに加えそのXTR素材も他には無いスペシャルな特徴もあります。

 

・すべての弊社XTR Japan使用のXTR素材は、海外品ボードなどよりもワンランク上の素材を厳選します
・シェイパーDanielとグラッシングを担当するEpxoy Pro, CAとの連携を高め、直接シェイパー・製造ファクトリーとのやり取りを経て、より日本のお客様へ適したボードを提供いたします
・万が一ボードが不良品・トラブルになった場合でも、日本に窓口を持つ弊社(千葉県蓮沼平151-2)が対応をいたします

 

Daniel Thomson(ダニエルトムソン)サーフボードシェイパー

 

彼のXTR素材ボードは世界最高の速さを持ち、そして高級感もトップレベルです。弊社では、シェイパーとの強いリレーションにより、お客様にベストのTomo Surboards shaped by Daniel Thomsonを作らせていただきます。そんなボードを、あなたの足元にて是非お楽しみください。

 

どんなモデル・サイズ・素材を選んだら良いかわからない?

 

そんな時には、弊社にお任せlください。プロカウンセラーと、シェイパーがお客様のご質問にお答えします。

 

Daniel Thomson(ダニエルトムソン)サーフボードシェイパー

 

【DanielのModern Planing Hullとは?】

 

現在世界で最も注目されているサーフボードシェイパー&デザイナーのDanielにとって、

 

“サーフボードはトップスピードに尽きる。トップスピードを上げれば上げるほど、より高いパフォーマンスが発揮出来る”

 

という強い確認があります。

 

シェイパーのDanielは、サーフィンのプロ選手として、世界中のQS大会を転戦した経歴があります。自己の父親がシェイパーである彼は、今までの細いパフォーマンスボードの乗り味は

 

"サーフィンのピュアーな喜びを与えるスピード性能が足りなくつまらない。自分は違ったデザインで、もっとサーフィンを楽しみたいのだ”

 

と言います。

 

Daniel Thomson(ダニエルトムソン)サーフボードシェイパー

 

そのために、サーフボードデザインで

 

"ボードの抵抗を最小限・波の力を最大限に生かして、スピードを最高レベルにする”

 

というスローガンを掲げて、今までのデザインでは考えられない理論を生み出すことに専念しました。 Modern Planing Hull(MPHと略)は、現代ハイパフォーマンスサーフィンをのデザインカテゴリーです。

 

Plaining Hull理論は20世紀の、Richard Kenvin によるHydro Dynamica(ハイドロダイナミカ)プロジェクトPlaning Hullデザインリサーチによるものです。 Daniel ThomsonのMPHはこのPlaning Hullデザインに、ウエイクボード&カイトボードで使われるモダンなボードデザインを入れている超現代的なPlaning Hull理論(つまりModern Plaing Hull)となります。

 

この超現代的理論が、現在における最高のハイテク素材【ボードフォーム+フィンなど】をあわせることにより、今までに無かったサーフボードのデザインとサーフィンの体感が可能となりました。

 

シェイパーのDanielにとって、MPH理論ボードは サーフボードはサーファーの体の一部 と位置づけます。自分が思い描くラインを波に描いて、そのラインを自在にボードとともに描く。まるで自分がボードの上に乗っている感覚ではなく、自分が波と一体化をしているようか感覚を与えるボードのデザイン理論なのです。

 

Daniel Thomson(ダニエルトムソン)サーフボードシェイパー

 

MPHこそが、一般サーファー各個人がより高いレベルのサーフィン体験を出来るデザインと信じて疑いません。そして、MPHはプロサーファーにも新しい

 

”超ハイパフォーマンス“

 

 

なボードを提供してくれるでしょう。スノーボードやスケートボード、ウエイクボードなどのような、サーフボードでは今まで出来なかった高さのエアー・リバース・切れのあるリップアクションなどを可能としてくれるのです。

 

他方では、今までのサーフボードのような、パワフルな・レールをフルに入れたカービングターンを、流れ(フロー)&スピードをキープしながら出来るのです。これこそパフォーマンスサーフィンの真骨頂です。

 

【MPHを更に詳しく解説】

Daniel Thomson(ダニエルトムソン)サーフボードシェイパー

*黒いラインがPlaning Hullデザインのカーブライン。より幅広・直線的なカーブラインです。白いラインは通常のショートボードのラインとなります。通常はPlaning Hullデザインはショートボードよりかなり短く長さを取るのが特徴です。オリジナルPlanng Hullデザインは凝縮した比率をもつデザインです。通常のサーフボードと比較すると、幅広・短め・よりフラットなロッカー・そして直線的なアウトラインを持ちます。

 

Planing Hullデザインは、前側1/3エリアはワイドで丸めのノーズ・まるで丸いスプーンのようです。そのアウトラインが、残りの2/3のサーフボードのエリアへと繋がります。レールは丸く、ソフト。テールエリアでエッジを立てるデザインです。そしてテールは10インチ以内のテールエンドで、ドラッグと抵抗を抑えます。フィンはよりレールに近い位置に設定してPlaningエリアを増やし、ドライブと安定感をボードに与えます。Test Pilotシリーズでテールにウイングが入っているデザインもありますが、それは前側のフィンあたりからです。その設定が、テールエリアに最大限の幅を与え、そしてテールを絞る効果があります。

 

従来のボードはロッカーカーブ・アウトラインカーブ・フィンのかたまりを利用して、テールエリアからの操作性を高めるデザインです。ただし、このデザインのためにスピード&トリミング性能は犠牲になります。

 

Planing Hullデザインはこれと対照的です。Plaining Hullのターンはレールからのターンとなるので、スピード&トリミング性能がキープされます。Planing Hullデザインを採用するボードは、長さをかなり短く出来るのでレールラインも短くなります、そのためにより鋭角なターン・フローター・エアーも可能です。

 

まとめると、Planing Hullはより速く・より直線的なカービングを重視したボードとなるのです。

 

【ライダーQuinten君のTomoデザインボードでのライドその@】

 

【ライダーQuinten君のTomoデザインボードでのライドそのA】

 

 

 

 

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト