PulseXTRサーフボードのコンセプト XTRサーフボードテクノロジー

革新的なサーフボード技術になりうるだろう
-
U.S. "Surfing Magazine"より


読者様だけの、XTRサーフボードの新情報・お店のセール情報・特典などを誰よりもいち早く。
 
 
  PulseXTRサーフボードのコンセプト
  

より軽く、強く、早く、そしてパフォーマンスの高いボードをユーザーへ

"JHP XTR・・・Taking you to the next level."(あなたを次なるレベルに引き上げる)
Pulse XTR Japan Shaped & Designed by Javier Huarcaya-Pro

私とPulse XTRサーフボードとの出会い

 

アルメリック・ロスト・そしてその他の世界超一流シェイパーのXTRサーフボード・・・その素材の開発者のシェイプこそが、JHP XTRの真髄。

カリフォルニアには、世界的に有名なアルメリックやLOST、そしてRustyなどの巨大メーカーもあれば、ガレージでシェイプしているマイナーなシェイパーもいる。JHP XTR サーフボードは、立派なファクトリーもあるし、シェイプルームも3つあるので、規模はかなり大きいが、自分にとって、どちらかというとマイナーな存在。サーフボードの販売戦略も大してしていないから、日本にいても、カリフォルニアにいてもあまり知ることがなかった。いわば隠れたボードブランドだった。

恥ずかしながら、良くありがちが、ミーハー精神で、いつも有名ブランドしか興味が無かった俺は、JHP XTRについては全く無知。だから、最初はあの"Pulse"ロゴを見ても、”ふ〜ん”という感じであまり印象は無かったし、ただ今まで試したことのない、新素材のXTRボードというだけでとりあえず乗ってみた。そしたら、これが大当たり。

他の大量生産ボードのように、シャドーシェイパーが仕上げることも無く、Javier自身気さくな感じで、シェイパーと気軽に話しながらオーダーを出来るという点でも良かったのかもしれない。私が最初乗ったボードは、10年前に作ってもらった、Frequent Flyerモデル。ボードを手渡す時に、彼はこう私に言った。"このFrequent Flyerは特に早い波でも、トロイ波でも扱いやすく、そしてスピードに乗ったタイトなサーフィンが出来る。短く・幅広で薄めに作ったので、満足できる性能のはずだ"

形を見ると、今までシェイプしてもらっていたボードとちょっと違う。今までに無い感じのボードだったから、乗る前はどきどきしたけど、このボードが最初から驚きを与えてくれたのが今でも忘れられない。

PulseXTRサーフボードのコンセプトPulseXTRサーフボードのコンセプト

整わないコンデションだったが、驚くほどのテイクオフ、そしてその形に見合わないタイトかつポケットな動き・・・まさに一発目からマジック。他のサーファーが、テイクオフしてから走り出しに苦労しているのを横目でどんどん波を取っていく。フェイスの浅い波でも、短いからタイトに動く。そしてスピードが驚くほどに出しやすいとまさに、今までに無い感じのボード・素材感だった。

それがきっかけになり、JHPのシェイパーのJavierのことに興味が出て、いろいろ聞いているうちに、あのアルメリックやLOSTが、カスタムエポキシのXTRグラッシング&作成を依頼する、エポキシのボスであることが判明。しかも、これまで数々の戦跡を残し、いまだにほぼ毎日サーフィンするという現役サーファー&コンペティターだった。

最初のボードに乗って以降、JHPとXTRの魅力に取り付かれた。普通はプロライダーや特別な人しか入れない、神聖な気軽にシェイプルームにも入らせてくれ、とくかく細かくディスカッションしてくれる。ボードを削る時は、プロも、一般のユーザーも同じ稀薄をこめるのだと言う。そういった一般ユーザーを大切にする姿勢が気に入って、最初の一本以来、さまざななボードをオーダーしてきた。そして、オーダーを繰り返すうちに、さまざまなシェイプ&デザインを出してくるし、最新構造も乗らせてもらい、自分のサーフレベルを驚くほど上げてくれた(かつ現在も上げてくれている)一級ブランドだということが分ってきたんだ。

PulseXTRサーフボードのコンセプトPulseXTRサーフボードのコンセプト

JHP XTR・・・まさに、乗り手のサーフスキルをネクストレベルに引き上げてくれる、グットブランド。しかも、Javierは世界のトップシェイパー&トッププロとも、数多く交流もあり、常に、"世界のデザインはどうなっているか?世界のプロが求めるボードとは?"ということにも敏感に対応している。そんなトップの世界にいながらも、私のような普通のユーザー一人ひとりのことを考えてくれる身近な存在が一番の魅力。

だからこそ、JHPの魅力にとらわれてしまったのだろう。ユーザーになって以来、さまざまなシェイプとアイデア、素材で私を常に楽しませてくれているこのブランド。まさに、隠れていた宝石を捜し当てたような、気持ちにすらさせてくれる。この光り輝くブランドを、日本の皆さんも是非知って欲しいという気持ちで、XTR For Japanのスタッフとして、すべての日本のサーファーにお薦めなのだ。お買い得な値段・XTRの生みの親ということもあって、買ってから、また買った後まで僕のサーフィンライフを充実させてくれていて、これからも同じだろう。

XTRテクノロジーのすべてはPulseから始まった


PulseXTRサーフボードのコンセプトJHP XTR For Japanは、あのハイテク素材であるXTRの開発者がシェイプ&チューンする、XTR最強のボードブランド。XTRの開発者がシェイパーだからこそわかる、その素材感とXTR18エポキシ樹脂の特性を100%把握。そのために、どんなシェイパーよりXTRにあったシェイプ+デザインを送り出してきます。

そのXTRボードは、あの有名な"エポキシプロ発"。あらゆるサーファーに、高性能のボードを最高のシェイパー・グラッサー・サンダーを取り揃えて世界最高レベルのグラッシングが行えるという、徹底的な品質管理をした世界随一のエポキシファクトリーより、世界最高レベルのXTRボードを、あなたのいる日本へ送ります。軽く、強く、そしてドライブ性能が高いJHP Surfboard "XTR"をあなたのコレクションに加えてみてください。サーフィン人生が豊かになることでしょう。

また特筆なのは、シャドーシェイパーをFor Japanでは一切使いません。あなたのサーフボード、シャドー仕上げですか?それともヘッドシェイパー仕上げですか?JHP XTR For Japanでは、すべてハビアーのマジックハンドによってボードが時間をかけて、丁寧に仕上げられます。ボトムにはハビアーの直筆のサイズ表記と、サイン、そして彼が日本向けにシェイプしたことを示す”For Japan”の直筆サインも入ります。

世界のトップサーファーがテストし、認め、そして愛している高性能素材の”XTR"


これまでエポキシプロがXTR素材ボードを供給したサーファーは、どれも世界のトップサーファー揃い。ケリースレーター、アンディアイアンズ、ブルースアイアンズ、ボビーマルチネス、ロブマチャド、ヤデンニコル、ジョディースミス、ディーンレイノルズ、クリスワード、コリーロペス、シェアロペス、ソフィアムラノビッチ、ベサニーハミルトン、テイラーノックス、トムカレン、CJホブグット、ミックファニング、ジョエルパーキンソン、パトリック・ガダスケス、デーン・ガダスケスなどなど、すべて世界一流のトップアスリート達です。

そのXTRは、すべてJHP XTR For Japanのヘッドシェイパーであるハビアーの持つXカリフォルニアのTRの”エポキシプロ"からの工程を経て、プロ達に供給されています。本社の意向やデザインとかけ離れることの多い、AUSやハワイからのグラッシング&デザインライセンスXTRは一切ございません

あなたのシェイパー・ボードデザイン・素材は、どんなサーファーにテストをしてもらってますか?XTRは世界のトッププロから、そして世界各国での様々なテストを長年重ねていて、。一般普通のボードメーカーとは技術・経験・フィードバックの量&質がケタ違い。シェイプと素材に最高レベルの自信アリです。


PulseXTRサーフボードのコンセプト

PulseXTRサーフボードのコンセプト

 

Pulse XTR For Japanのシェイパーに自信あり


素材が変わればシェイプも変わるボード構造が変われば、またシェイプも変わるというエンジニアらしい発想をするハビアーは、シェイプ暦33年を誇るシェイプと素材の超ベテラン。
他の素材のテンプレートをただ、XTRに持ち込んだというXTR素材感を無視したことは一切せず、すべてのプラグはXTR素材を元に考えています。JHP XTR For Japanを実際に触ってみると分かりますが、PU(ポリエステル)ボードとは微妙に違うデザイン理論が感じられることでしょう。

さらにハビアーは2007年のISA世界大会でも準優勝、そして2012年のISA世界大会では優勝をしたこともある、カリフォルニアでも屈指のグットサーファーという顔を持ち、XTRの生みの親である素材のエンジニアー。つまり、リアルサーファーとエンジニアーという2つの顔をもつ、シェイパーです。ボードのカーブと、素材感をあわせるその理論はエポキシボードでは随一で、これまで数多くのプロサーファーのXTRのファインチューンを行ってきました。エポキシの管理も、大事なボードやFor Japanには彼がすべて行います。シェイパー界の世界の大御所であるアルメリック、マットバイオロス、ティミーパターソンらがXTRを採用していることからも、そのハビアーが開発した素材への信頼性の高さは明らかです。

他のボードと比べてみてください。技術力・素材が違います、フィードバックが違います、そしてシェイパーが違います。日本のサーファーに本当の価値をお届けすJHP XTR For Japanです。

PulseXTRサーフボードのコンセプトPulseXTRサーフボードのコンセプト

XTRに特化したJapanチューン・限定販売


PulseXTRサーフボードのコンセプトXTR For Japanでは、JHP XTRのサービスをさらにパワーアップ。すべてのオーダーで、JHP XTR For JapanのテストライダーであるCA在住の日本スタッフが、シェイパーのハビアーに直接コミュニケーションをとることが実現。XTR素材について世界一で他のどのボードメーカーよりも、なおかつ唯一100%理解しているシェィパー"ハビアー"と、XTRファクトリーとの密接なリレーションを常に実現します。XTR For Japanから入ってくるXTRボードは、フォームの作成から、シェイプ、そしてグラッシングまですべてXTRの工程をすべて把握したプロスタッフが、念入りな打ち合わせの上にカスタムしますので、お客様のニーズにばっちりな高性能ボードをご提供。

XTR For JapanプロデゥースのXTRこそが、本当の特上AAA仕様のサーフボード。素材(プレミアムS-2クロス・より白いXTR樹脂・高密度XTRフォーム)、ノーズ・テール、全体のフォイル、レール、エッジの仕上げが、ヘッドシェイパーのハビアーの手によって仕上げられた、日本向けのJHP XTR For Japan Shaped & Designed by Javier Huaracaya-Proは、正規日本代理店のXTR For Japan(サイト&実店舗)のみのお取り扱いです

常に最新のデザイン・素材・パフォーマンスを追及し続けるJHP XTR For Japan


PulseXTRサーフボードのコンセプト常にに最高のパフォーマンスを目指すXTRサーフボードは、見かけや流行には一切流されません。ボードの基本は"性能"。いくら流行の素材を利用しても、その性能が満足いかないものであれば、全く意味がないからです。XTRのエポキシプロで10年以上前からカーボン・ケブラー素材もすでに実験を開始。

また新しいフォーム構造も次々にテストをしております。パラボリックの構造も生産を始めて、すでに4年目。完成度も他と比べて非常に高く、プロらもすでにWQSなど高い実績を残しています。 常に革新的な試みをするXTRと、その開発者がシェイプするJHP XTR ForJapanにはこれからも目が離せません。


実店舗で見て、触ってオーダーも可能。日本でのデモボード・ボード講習会なども計画中


PulseXTRサーフボードのコンセプト今までは流通の関係上、値段が比較的お求め易いボードは並行輸入や直販がメインで、実際はボードを触って見たりすることがなかなか出来ませんでした。見ることが出来たとしても、それはあくまでもメーカーとして正しく、プロからの情報をシェイパーやファクトリーから直接もらっていないケースがほとんどで、お客様の立場としては信頼性が欠けるものでありました。プロのシェイパーに直接コンタクトを取るのはなかなか難しかったのです。

XTR For Japanは千葉に直営店を設けることにより、ついにお客様に見て、そして触ってオーダーしていただくことも可能になりました。しかも、プロのアドバイスもきちんと受けられる体勢を整えています。これによりJHP XTR For Japanはまた新たなるレベルにサービスが達したといっても良いでしょう。

ただ、お店にお越しになれない方もご安心ください。JHP For Japanの熟練プロスタッフが対応。ありとあらゆるサーフボードをすでに20000本以上も触っているカリフォルニアのプロスタッフが、メールや電話でのやり取りでお客様のイメージをばっちり捕らえて、それをハビアーに直接会って確実に伝え、お客様だけのマジックボードを供給させていただくよういたします。今後の計画としては、サーフボードデモや、JHP XTR For Japanのプロによるサーフボード講習会、ハビアーの来日イベントなど様々なイベントを企画中。これからの動きも見逃せません。

*XTRサーフボードのショールームは現在千葉県の九十九里海岸沿いにあります。詳しくはこちらもご参考ください。

他の素材と比較して桁違いのバリュー高密度、寿命の長さを誇るXTR素材


PulseXTRサーフボードのコンセプトPU(ポリエステル)やEPSなどの素材と違い、ウオータータイト(高密度)なXTR素材は水を吸いません。またポリエステルでなくエポキシ樹脂でグラッシングするために、飛躍的に強度が向上。気になる小さな傷、凹み、そこから侵入してボードの寿命・性能を著しく低下させる水などの心配を格段に減らしたボード。当社独自の調査では平均して3倍以上も寿命が向上。

また寿命と共に見逃せないのが、そのXTRの乗り味。EPSのようなスカスカした密度では一切なく、PUのようにフォームの外は硬くて、中は柔らかいなどという不均質さは一切ございません。XTR独自の高密度・均質なフォーム構造により、PU(ポリエステル)ボードよりスピードにあふれて、EPSボードのような乗っていて全然楽しく無い、フニャフニャした感じもありません。ボードがギュルギュルと加速して、技の切れ味も抜群です。

PulseXTRサーフボードのコンセプトEPSやPUのように均質でないフォームの中を、水がグルグルめぐる事も出来ないほどの、高密度&タイトなフォーム構造を持ったXTR。特許申請中のThermovent(サーモベント)テクノロジーによって、フォーム構造としては完成の域に達していて、まさに究極のボードフォーム。

”PUは乗り味は良いけど、すぐに寿命が来て、ダメになる。EPSは丈夫そうだけど、水を一度でも多く吸ったら終わりだし、なんだか乗り心地がフニャフニャしていてつまらない”と思ったあなたは、是非XTRを一度試してみてください。あなたの新しく、より豊かなサーフィンライフが始まるでしょう。〜2倍の寿命、そして他素材を上回る乗り味&性能をもたらし、信じられないバリューを生み出しました。

カスタムエポキシボードの有利性


PulseXTRサーフボードのコンセプト通常はエポキシボードでハイテク素材を使うと、なかなかカスタムボードは出来ません。コストがかかりすぎるからです。そうなると決まったサイズしか選べず、サーフボードの真髄ともいえる個別のユーザーにあわせたボードは事実上不可能です。命を懸けた試合に望むプロサーファーが、型が最初から決まっているモールドボードには試合ではほとんど使用しないこともカスタムボードがいかに優れているかを証明しています。

そんな要求の高いサーファーに合わせる高い性能のボードを造るために、コストが多少かかってもXTRはエカスタム調整ができるボードにこだわります。個別のスタイルあわせるボードエポキシ+XTRフォームのカスタムボードはまさに夢のような贅沢。プロチョイスでもあるXTRをあなたの1本に。



ばっちり安心保証・リピーター特典満載のJHP XTR For Japan


特許が合わさっているようなハイテク素材で心配なのは、買ったあとのアフターサービス。安い場所・正式なメーカー主導の正しいサービスが行えない場所で買ったのは良いけど、壊れちゃったらどうしよう。。。樹脂とかはどういったものを使えば良いのだろう。証明されていない変な修理方法だと性能に影響が無いだろうか???正しいケアーはどうすれば良いのだろうか。ポリエステルやEPSと素材感が違うXTRに最適なサイズは?などなどの不安にも、XTR For Japanではすべて答えます。JHP XTR For Japanの代理店であるXTR For Japanは、日本で唯一カリフォルニアのエポキシプロ公認の日本のXTRライセンシー代理店。日本ではエポキシプロがライセンシーを公式に認めているのは、XTR For Japanのみです。

PulseXTRサーフボードのコンセプトご質問があれば、XTR For Japanに何でもお問い合わせください。XTRのプロ、または開発者のハビアーが責任を持って答えさせていただきます。他のどんな場所よりも多くの、そして正しい情報を持ってますので、修理やケアーも安心。買った後も末永く、XTRボードをお楽しみいただけます

しかも、一度でもJHP XTR For Japanをお買い上げの方にはリピーター特典の割引・サービス・カスタムオーダー料金無料などの様々な特典が盛りだくさん。買う前だけでなく、買った後のバリューもN.O.1のJHP XTR For Japanです。

他を圧倒するお買い得価格・・・JHP XTR For Japan


世界に誇る素材、シェイパー、高性能、そして安心のアフターサービスを持っているPulse XTR For Japanは、そのお値段のグーンとお得。なんとボードはXTR素材+きちんとした対応のある正規品、そしてそして実店舗でも様々な特典を受けられるのに、ノーマルボードでなんと119,800円(本体価格)〜。XTRの開発者であるハビアーが"日本の皆さんにXTRの良さを知ってほしい”という強いリクエストにより実現したこのお値段。エポキシプロ、XTR For Japanが流通を限りなく効率化し、なおかつこのJHP XTR For Japanだけはお客様に還元するために、利益をエポキシプロ&XTR For Japan共最大に努力しました。

Pulse XTR For Japanは、通常ポリエステルやEPSのエポキシで使われる、寿命の短い安価Eクロスや、ウレタンフォーム、粗悪エポキシやポリエステル樹脂を使ったチープなものではなく、高性能・高価なエポキシ樹脂+プレミアムS-2クロス+高密度・均質XTRフォーム+特許テクノロジーの組み合わせのハイエンドボード"XTR”です。例えば、カリフォルニアではEPSのブランクが、XTRよりも40%も安価という事実もあり、EPSは明らかにXTRと比べて原価が安いのです。しかもFor Japan仕上げや素材、管理は他のFor Japan製品と全く一緒のプレミアムJapanチューン。また、アフターサービスもきっちりとしている正規ボードということも見逃せません。

あなたの近くのサーフショップに置いてある、正規代理店ボードのカスタムエポキシのお値段と比べてください。カスタムエポキシボードの正規品の平均価格は約170,000円(当社調べ)。世界のプロに愛されるXTR素材を使ったJHP XTRは、なんと119,800円(本体価格)〜からです。桁違いのお値打ち正規品XTRサーフボードです。

さあ、あなたの新しいサーフィンの可能性をPulse XTR For Japanで切り開いてみてください。Taking you to the next level・・・Pulse XTR 

PulseXTRサーフボードのコンセプトPulseXTRサーフボードのコンセプト


  PulseXTRサーフボードのコンセプト

         
ホーム 会社概要 リンク ご利用規約 プライバシー規約   ご質問   FAQ    在庫 キャンペーン   インプレ(日本)   インプレ(世界)   サイトマップ   Pulse   AKA   SB    カスタム    California   テクニック   特集   XTR記事
セール アクセサリー XTRの性能 XTRファクトリー   Epoxyプロ   品質   News   ギャラリー   ラミネーション   正規代理店   ショールーム   スタッフ   リペアー     マナー   ボード選び    ボードパーツ    ボトム   フィン
©Copyright 2007 Epoxy Pro. All Rights Reserved.
Site Design by
Surf4 Design Group. Administered by Y.K.