XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

XTR/Hydro For Japanボード

XTRテクノロジー

HydroFlexテクノロジー

弊社オリジナル素材

XTR/Hydroショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

XTRファクトリーツアー

エポキシプロ・・・カスタムエポキシボードのスペシャリスト軍団

 

XTRのカリフォルニアシェイプを作る、エポキシプロカリフォルニアファクトリー。そのプレミアムXTRをシェイプ&グラッシングし続けるファクトリーは、世界トッププロを抱える超一流カリフォルニアシェイパー達からも信頼されている南カリフォルニア最大級のファクトリーです。

 

Epoxy Proは、そのカスタムエポキシグラッシング技術では、全米3つの指に入るといわれるほどの質と信頼性を誇り、世界的に有名なブランドのCI(アルメリック)・Simon Anderson・LOST・Payzel・Rustyなどのシェイパーから依頼を受けることからも、そのファクトリーの素晴らしさが伺えます。

 

ファクトリーには3DMデジタルシェイプマシーン1基、シェイプルーム3部屋、グラッシングルーム2部屋、ホットコートルーム2部屋、サンディングルーム3部屋、ファイナルチューンルーム2部屋とそのファクトリーの大きさでもカリフォルニア有数。このカリフォルニアXTRプレミアムファクトリーをここでは皆さんに紹介しましょう。

 

【項目】

@XTRブランクス

Aデジタルプレシェイプ &CADコンピューターサーフボードデザイン

Bシェイピングルーム&ハンドシェイプ

Cラミネーション

Dホットコート

Eサンディング

F最終チェック

 

【XTRブランクス】

XTRサーフボードファクトリーツアー

XTRサーフボードファクトリーツアーXTRサーフボードファクトリーツアー

 

カリフォルニアでグラッシングされる、XTRサーフボードのブランクスはここですべて作成しています。さまざまなボードにあわせるロッカーを、ある特殊な製法で正確に作り出していきます。ブランクスの素材は、密度が荒いEPSよりもきめ細かさが〜100倍もある水を吸わないXTRフォーム。このフォームこそが、あの生き生きした・長い寿命をなしえる乗り味を生み出すのです。

 

【CNCデジタルシェイプマシーン】

XTRサーフボードファクトリーツアー

 

JavierのブランドのJHPから、OST・Rusty・Payzel・Rusty・MAD・Timmy Pattersonなどの一部ボードのプレシェイプも行う、最新型のプレシェイプマシーンです。すべての立体のアナログ数値をデジタル化し、XTR専用に開発したシェイプヘッドで、XTRフォームを生かすようにプレシェイプされます。For Japanシェイプでは、個別のサーファーにより細かく調整をするために、シェイププログラムによってハンドチューンの場所を多く残しているプレシェイプにしています。

 

【XTRファクトリーシェィピングルーム】

XTRサーフボードファクトリーツアー

XTRサーフボードファクトリーツアーXTRサーフボードファクトリーツアー

 

CADマシーンでのプレシェイプが終わったフォームは、各ファクトリーへと届けられて、シェイパー達がファイナル仕上げをすべてハンドで行います。ちなみに、XTRファクトリーにはシェイプルームが3つ。XTR社を訪問してファイナルチューンをするシェイパーは、ファクトリーの予備シェイプルームでファインチューンを行います。JUPのJavierは、エポキシプロのオーナーなので自分専用のシェイプルームがあります。

 

【XTRサーフボードグラッシング】

XTRサーフボードファクトリーツアーXTRサーフボードファクトリーツアー

 

各シェイパーの手によるファインチューンが終わったボードは、Epoxy Proへと搬送されます。そしてラックに並べられグラッシングの順番を待ちます。グラッシングルームは2つ。グラッシングは一度に最大15本行うことが出来て、カリフォルニアでもその規模は大きなファクトリーです。XTRファクトリーのグラッサーは、過去の世界チャンピン達のボードをグラッシングしている職人達です。シェイパーの板に命を吹き込む大切な作業のグラッシング・ホットコート・サンディング工程をすべて管理する彼らは、カリフォルニアのみならず世界でも一級の腕を持つグラッサーです。

 

通常のアメリカのサーフショップに置かれるUSラックストックボード仕上げと異なり、XTR For Japanのグラッシングは、そのクロスの種類の選定から始まり、樹脂を掛ける量、クロスの濡らし方などなど、通常ではなかなか手が回らない細かな点まで気を配ってグラッシングします。For Japanには通常のグレードより上の、考えうる最高の素材を使います。しかも乾燥した気候のカリフォルニアのそれを120%生かしたグラッシングは、湿度の高い国のグラッシングボードに比べて、軽く、そして素材が安定して一貫したサーフボードが作れるのです。そのグラッシング仕上げによるボードは、しなりがあり、しかも寿命が長いという世界のプレミアムボードです。

 

【ホットコート】

XTRサーフボードファクトリーツアー

XTRサーフボードファクトリーツアーXTRサーフボードファクトリーツアー

 

グラッシングが終わると、ホットコートルームにボードは運ばれて、ホットコート用に特殊配合したXTR樹脂でボードを覆っていきます。ホットコートルームは、XTR樹脂の乾燥をベストに保つために、常に一定温度・湿度に管理がされています。
*ホットコートとは、クロス+樹脂の加工を施したボードの表面に更に樹脂を乗せて、表面を平らにする作業工程のことです。

 

【サンディング】

XTRサーフボードファクトリーツアー

XTRサーフボードファクトリーツアーXTRサーフボードファクトリーツアー

 

ホットコートが終わると、次はサンディングです。サンディングは、余計な樹脂を取り除くだけでなく、サーフボードの性能を決める最終シェイプを作り上げる重要な工程です。エッジを丸く処理したり、エッジを鋭角にしたりと、シェイパーによってその仕上げの要求は異なります。XTRファクトリーでは、グラッシング工程同様に、歴代の世界チャンピオン達やトッププロ達へのボードサンディングをしてきた世界の一流サンダー達が、ユーザーのためにボードシェイプを生かすサンドをします。

 

軽く、耐久性が出て、そしてシェイパーのデザインを彼らの思うように具現化する・・・そんな最高レベルを実現するサンダー達。そうった細かな配慮をして仕上げられたボードは、国内ではなかなか入らない、プロに供給するようなカリフォルニア産のプレミアムボードとなります。

 

【クオリティーコントロール(品質検査&2次加工)】

XTRサーフボードファクトリーツアー

XTRサーフボードファクトリーツアーXTRサーフボードファクトリーツアー

 

サンディングが終わると、ボードの最終調整に入ります。まずはデッキエリアのセンター部分にサーモベントを専用の工具で開け、その後ボードの全体のバランス(ロッカー・レール・コンケーブ・エッジ・フィンの角度など)をチェックします。そして、その後ピンホールなどがあれば処理をします。

 

この品質検査でサーフボードの洗練度をさらに上げます。以上の工程を経て、最後にさらにボードをチェックして、日本のお客様にボードをお送りいたします。

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト